吸気系の流れ

車のエンジンの中の吸気系というものについて書いて行きます。吸気系ですが、エアクリーナーから入った空気が

インテークマニホールド(吸気管)を通り吸気バルブからシリンダー内に吸い込まれるまでの部分が吸気系の流れとなります。インテークマニホールドは、細く長くするならばどうなるでしょうか。中低速トルクが増して行きます。太く短くするならば、高回転型エンジンに向いているということができます。多くのエンジンでは、どんな特性がいいのか、その特性に合わせてインテークマニホールドを決めているようです。1部の構成のエンジンでは、エンジン回転数に応じて複数の吸気経路を使い分け、適切な吸気効率が得られる軽度や長さに切り替え、吸気特性を変えられる。可変吸気システムが使われています。吸気バルブも、通常は一定のタイミングで開閉されていきますけども開閉量や開閉タイミングを変えられる。改変バルブシステムといわれるものもあります。車買取 松山