介護の仕事

高齢化社会が進んでいる日本において、介護の仕事は需要がますます高くなっています。そのため様々な福祉施設から福祉関連の求人募集が多くなされています。

このような現場ではどのような仕事が行われているのでしょうか。例えば、ホームヘルパーや介護福祉士は、福祉施設や要介護者の自宅に置いて様々な身体的な援助や家事援助をする人のことをいいます。その仕事の中には着替えや歩行の手助け、食事の援助や入浴のお手伝い、また排泄の助けなどが含まれています。また、専門的な知識や技術を持ち合わせている社会福祉士は福祉に関係する様々な指導や助言や指導を行ないます。ケアマネージャーは市町村との連絡や調整を行う仕事を担います。福祉で働く場合どのような資格が求められているのでしょうか。絶対的に必要といえるものがホームヘルパーや介護福祉士の資格です。ホームヘルパーは、3級、2級、1級とありますが、実務を実際に行うのは2級以上となります。この資格は認定資格です。ホワイピュア 最安値