顔のたるみを防止するための方法

顔のたるみを防止するためには原因を理解しておく必要があります。年齢による影響や、筋肉の衰えが、顔のたるみの要因であると言われています。年をとると、肌に存在していたコラーゲンが少なくなるために、肌は乾燥しやすくなります。

若いうちはハリもあり、弾力もあったお肌も、年をとってコラーゲンが減ると伸びやすくなってしまいます。顔面に張り巡らされている筋肉を使わないと筋力は低下し、重力に引かれて皮膚は下へとたれます。肉や魚等のタンパク質には、コラーゲンが多く含まれていますので、積極的に摂取することも大切です。ビタミンCには、コラーゲンの生成を促進する働きがありますので、肌の健康にも役立ちます。日頃の食事では、肉や魚の補給だけでなく、ビタミンCを含む食事を積極的にしていくといいでしょう。顔面のストレッチや、マッサージも、顔のたるみの予防には有効です。顔のむくみは、顔に不要な水分が残ったり、リンパの流れが悪くなって老廃物が残っていることによって起きるので、マッサージでむくみを解消します。筋力低下の影響を受けやすい口角や頬のストレッチ運動をすることで、筋肉の低下を防ぎ、たるみがちだった皮膚を引き締めることができます。たるみ予防の一つとして、仰向けの姿勢で寝るというものがあります。横向きになって寝ると、首やあご、肩、肋骨にストレスがかかるので、上を向いて寝る時に比べてたるみやすくなります。
http://www.ncsenban.net/