機能性食品とは

80年代の半ばに、機能性食品という概念が、国によってつくられました。美容や健康を気にする人達の間で、機能性食品が注目されています。機能性食品では、食品が有する3つの能力に着目します。栄養機能とはカロリーや栄養のことで、人体を保つために必要です。感覚機能とは、味わい、風味、おいしさなどがあてはまります。

体をよりよいコンディションにするために、病気予防効果などは体調調節機能と位置づけられます。体調調節機能をメインにした食品が、食品の中でも機能性食品と呼ばれるものにカテゴリーされます。機能性食品を言い換えると、食べ物に含まれている体調調節機能を担う成分でつくられた食品ということになります。機能性食品は、医と食はつながっているという考え方に関わりがあります。不調になりにくく、健康的な体を保つために必要な体の諸機能を、機能性食品で助けるというものです。この機能性食品という単語は、日本で考案されました。最近は日本以外の国でも、機能性食品という考え方をしています。医薬品とは違い、食品なので、機能性食品は疾患に対する効果はかけません。厚生労働省が認可している保健機能食品は、機能性食品という定義を参考に、一定の健康効果が期待できる食品として販売できるようにしたものです。どんな効果がある商品かを書きたい時には、保健機能食品としての認可を得る必要があります。
http://www.trioeloquence.com/